書評#48「観察力の鍛え方」すべての物事の第一歩。観察することとは何か?

「仕事」で成果を出したい方へ

 こんにちは!トモタメです。

今回は、「観察力の鍛え方」をご紹介します。

この本は、「ドラゴン桜」「宇宙兄弟」の編集者である佐渡島さんが書かれた本で、

超一流のマンガ編集者の頭の中を覗くことができる本です。

この本を読むと、一番日常で行っている観察の奥深さを知ることが出来ます。

このブログでは、この本を選んだ理由、学んだこと、今後に活かそうと思っていることを書いていますので、良かったらご覧ください。

この本を選んだ理由

 この本を選んだ理由は、自分の観察力を鍛えたかったからです。

仕事では企画の仕事をメインにしておりますが、様々な発想を思い浮かぶようしたくて、

観察力を鍛えたいと思いこの本を選びました。

また、著者の佐渡島さんが「ドラゴン桜」「宇宙兄弟」といった超人気漫画の編集者ということもあっ

て、頭の中を覗いてみたいと思いました。

どういったことを観察力というのか?

どういったことを考えて仕事に取り組んでいたのか?

このような超一流の編集者の仕事への考え方も、この本で学びたいと思いました。

何を学んだのか?

 この本で学んだことは、観察とは現状起きていることに仮説を立てて、物事を見ていくことです。

何で疑問を持つ必要があるのか?

それは、人間は現状を見るときバイアス(偏見)を通して見るからです。

偏見には常識や、その時の感情、そしてそのときの文脈の3つが大きく関係していると言われています。

そこの偏見という眼鏡を意識的にかけかえることが仮説なのです。

観察とは対象とのズレを見る行為で、そのズレを仮説によってつなげていくことです。

「何でこのようなことが起きたのか?」

ということ日常から癖付けることが大事なんだと学びました。

今後どのように活かしていくのか?

日常で観察力を鍛えていこうと思います。

普段、人を見るときも持ち物や服装、靴の汚れ方や、表情から細かく仮説を立てていこうと思います。

例えば体格を見て

「この人は何かスポーツやっていたのかな?耳が潰れていて、肩周りの筋肉が発達しているし、

半袖、短パンだから、ラグビーかアメフトをやっていたのかもしれないな」とか、

「この人は、服装が小綺麗。黒のワンピースで統一しているから、落ち着いた雰囲気が好きなのかな?」

などといったことを、時間を見つけてやっていこうと思います。

このような仮説を繰り返すことで、もっと自分の思考力を鍛えていきたいなと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました